/

この記事は会員限定です

重症者急増の大阪、病床使用率10日で倍 満床続き危機感

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」の対象となった大阪府と兵庫県で重症の入院患者が急速に増えている。大阪の病床使用率は10日間で倍増し、「第3波」時を大きく上回るペースだ。満床の医療現場は緊迫の度合いを増す。

6日朝、大阪大医学部付属病院(大阪府吹田市)の4階にある集中治療室(ICU)の一角。コロナ重症患者専用病床では、人工呼吸器を付けた患者がベッドに横たわっていた。その周囲を水色の防...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2425文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン