/

日本電産・永守氏「偏差値主義、間違い」運営大学入学式

永守氏は苦学した自身の経験などを交えながら、大学教育の問題点を指摘した(3日、京都市)

京都先端科学大学を運営する学校法人永守学園(京都市)理事長の永守重信日本電産会長は3日、同大学の入学式で「日本の大学教育は間違っている。偏差値ブランド主義で受験勉強に時間を費やしている」とあいさつした。そのうえで「いい人材を輩出して、偏差値ブランドではない一流大学にする」と語った。

京都先端科学大は京都学園大学を前身とし、2018年に永守氏が運営法人の理事長に就任した。19年4月から現名称で運営しており、21年4月1日付で京都学園中・高を運営する学校法人京都光楠学園(同市)を合併し、中高大一貫校となった。永守氏は22年にも技術者出身の企業経営者を育てる狙いでビジネススクールを設ける考え。医学部を設置する構想も描く。

永守氏は今後社会で必要とされる人材は「プロアクティブ(率先的)、プロフェッショナル(専門的)、プロダクティブ(生産的)な3P人材だ」と指摘。「皆さんの人生はこれから。変化に乗り遅れれば人生にも乗り遅れる」と入学生を鼓舞した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン