/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言の要請、大阪市長「排除せず」 病床で判断

(更新) [有料会員限定]

大阪市の松井一郎市長(大阪維新の会前代表)は5日、市長就任2年を前に日本経済新聞のインタビューに応じ、政府への緊急事態宣言の要請について、大阪府内の今後2週間の新型コロナウイルスの感染状況次第で「排除できない」との考えを示した。要請の是非は、病床の逼迫度合いを主な判断基準とすべきとしたが、具体的な水準には言及しなかった。

大阪市は5日から5月5日まで、緊急事態宣言に準じた措置が取れる「まん延防止等...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン