/

ゴルゴ13が「世界一」に 201巻発売、「こち亀」抜く

小学館の漫画誌「ビッグコミック」で連載中の、さいとう・たかをさん(84)による劇画「ゴルゴ13」の単行本201巻(リイド社刊)が5日、発売日を迎えた。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された秋本治さん(68)の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(集英社刊)が持つ全200巻という"世界一"の記録を抜いた。

「ゴルゴ13」の第201巻表紙(ⓒさいとう・たかを/さいとう・プロダクション/リイド社)=共同

さいとうさんは「気が付けば201巻、ただただ読者の皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントを寄せた。

「ゴルゴ13」は1968年から連載が続く人気作。超一流の腕を持つスナイパー(狙撃手)のデューク東郷が、刻々と変化する世界情勢の裏側で活躍する。201巻の副題は「最終通貨の攻防」で、暗号資産(仮想通貨)を巡る物語などが収録されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン