/

関西広告審査協会、22年度事業計画など決定 

一般社団法人関西広告審査協会(理事長=坂本裕寿・読売新聞大阪本社取締役広告局長)は22日、大阪市内で第39回定時総会を開き、2021年度事業報告と収支決算を承認、22年度事業計画と収支予算などを決めた。また、任期満了に伴う役員改選で新役員を選出し、理事長に坂本氏を再選した。

同協会は会員社からの依頼により、広告の事前調査と審査を行うなど、広告信用度の維持向上と消費者利益の保護を目的とするマスコミ・広告業界の自主規制機関。現在の会員社は新聞・雑誌、放送など媒体社41社、広告会社36社、折込広告会社6社の合計83社。

昨年度の会員社からの審査依頼件数は294件で、1979年協会設立以来の累計は2万9346件に達した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン