/

この記事は会員限定です

パナソニック、100年来の「照明」技術 新分野に転用

[有料会員限定]

パナソニックが100年近い歴史を持つ照明事業の技術を転用した新たなビジネスの育成を本格化し始めた。蛍光灯の紫外光をイチゴの病気予防に活用したり、カメラのストロボ技術を自動運転などに必要な電子デバイスに生かしたりする。照明器具がLED(発光ダイオード)に取って代わられ、同社は一部特殊品を除いて白熱電球の生産を終了済み。1923年に発売した「砲弾型ランプ」に遡る照明製品の技術蓄積をどう成長につなげるのか。

「非照明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン