/

この記事は会員限定です

イーウェル、患者のワクチン接種情報 訪問看護カルテで 

[有料会員限定]

医療サービス系スタートアップのeWeLL(イーウェル、大阪市)は訪問看護向けに患者の新型コロナウイルスワクチンの接種情報を把握できるシステムを開発した。自社が手掛ける電子カルテ「iBow」(アイボウ)と連動して、ワクチン接種状況の記録や管理ができるようにする。16日からサービスを始める。

訪問看護では通常、看護師がカルテに患者の体調や服薬状況を記録する。イーウェルは電子カルテに患者がワクチンを接種...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン