/

この記事は会員限定です

抗体カクテル「1日1千人可能」 大阪府部長、第6波対応

[有料会員限定]

大阪府の新型コロナウイルス対策の指揮を執る藤井睦子・健康医療部長が5日までに、日本経済新聞のインタビューに応じ、重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」を1日最大1000人に投与できる体制になったと明らかにした。府が想定する「第6波」の必要量を確保できたとしている。感染再拡大を見据え、保健所業務の見直しを急ぐ考えも示した。

大阪府では感染状況が改善し、10月25日から府内全域の飲食店で営業時間の短縮要請が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン