/

この記事は会員限定です

農業輸出と地方創生

十字路

[有料会員限定]

わが国の農産物輸出額は8年連続で過去最高を記録してきた。2021年に入っても順調に拡大し、このペースでいけば、9年連続での過去最高更新となる可能性が高い。国内市場が少子高齢化で伸び悩むなか、輸出の拡大はわが国農業にとって重要な課題であることは論をまたない。

確かに日本は面積の狭さという不利な点があるものの、オランダのように狭い国土であっても先進的な技術などを活用して農業輸出大国となっている例もある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン