/

岸田新内閣に関西経済界から期待の声 「二刀流を」

自民党の岸田文雄総裁が4日、首相に指名され新内閣が発足することについて、関西経済連合会の松本正義会長は「新鮮味を感じさせる顔ぶれであり、期待感を持って受け止めている」などとするコメントを発表した。新型コロナウイルス感染の拡大防止と段階的な経済社会活動の活性化という大きな課題に対し、「切れ目のない、力強い政策の推進を期待したい」とした。

大阪商工会議所の尾崎裕会頭は「感染対策と経済再生の二刀流内閣を期待する」とコメントした。そのうえで、2025年国際博覧会(大阪・関西万博)を「日本再浮揚への絶好機ととらえ、大胆な規制改革や成長分野への集中投資を実現してほしい」と求めた。関西経済同友会の生駒京子代表幹事も万博について、「引き続き担当大臣が配置されたことを歓迎する」とのコメントを発表。同友会で問題意識が高まっている経済安全保障の担当閣僚が配置されたことについても評価した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン