/

この記事は会員限定です

関西3府県、国内旅行者減の打撃1.4兆円 コロナが影響

関西経済白書から(上)

[有料会員限定]

シンクタンクのアジア太平洋研究所(大阪市、APIR)は5日、2021年版の「関西経済白書」を発表した。21年度の関西2府4県の実質域内総生産(GRP)の成長率は3.2%、22年度は2.5%と予測した。日本全体の実質国内総生産(GDP)の成長率と大きな差はみられないが、関西は消費の回復が遅れる見通し。観光産業も新型コロナウイルス禍でかなり傷んだことが浮き彫りになった。

21年度のGDP・GRP成⻑率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン