/

この記事は会員限定です

ダイキン、ものづくり抜本改革 「コスト7割減」へ執念

ビッグBiz解剖(中)

[有料会員限定]

ダイキン工業は世界約50カ所の工場で、空調の部品と生産ラインを共通化する。目標はコスト7割減。身を切るような努力で少しずつコストを削り出す製造業にあって、常軌を逸したともいえる厳しい数値を掲げる。圧倒的な販売量を背景にした低価格戦略で成長する中国メーカーとの競争に備え、ものづくりを一から見直す。

8月、中国・蘇州の工場で担当者が換気機能を持たせる部品を家庭用空調に慎重に組み込んでいた。部品はまだ試作品。新型コ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン