/

この記事は会員限定です

近江牛の返礼品認定、滋賀・近江八幡市が異議取り下げ

[有料会員限定]

ふるさと納税で人気の近江牛の返礼品を滋賀県が県内の全市町に認めたことに反発していた同県近江八幡市は4日、総務大臣に求めていた自治紛争処理の審査申し立てを取り下げると発表した。同市は返礼品とする近江牛の肉質格付けを上位のA4、B4等級以上とすること、実績ある事業者から調達する条件などを10月から追加することで県と合意したと、理由を説明した。

滋賀県は2019年のふるさと納税の制度改正を受けて、近江牛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン