/

この記事は会員限定です

大阪の初売り活況 百貨店の行列、前年より大幅増

[有料会員限定]

関西の百貨店や家電量販店の初売りがにぎわいを取り戻している。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染者が足元で増えており、先行きには懸念もある。百貨店各店では開店前の行列が2021年より大幅に増え、消費意欲の回復を感じさせる幸先のよいスタートとなった。

「こちらで打ち切りです」。近鉄百貨店の旗艦店、あべのハルカス近鉄本店(大阪市)の地下食料品売り場では初売りの2日、開店から30分あまりで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン