/

この記事は会員限定です

日本触媒、再生医療の臨床研究に細胞培養容器提供

[有料会員限定]

日本触媒は独自の細胞培養容器「ミコセル」を再生医療の臨床研究向けに提供した。さまざまな組織になりうる幹細胞を容器でヒトの体内での状態に近い立体的な塊に培養。膝の軟骨がすり減り痛みや腫れが生じる変形性膝関節症の患者に注射で投与した。安全性と有効性を示すデータを集め、容器の販売拡大につなげる。

臨床研究はそばじまクリニック(大阪府東大阪市)が進める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン