/

この記事は会員限定です

目的と手段の転倒が招く衰退

十字路

[有料会員限定]

手段とは目的を実現させるための方法である。この手段が固定化・権威化し目的化されるため、本来の目的が忘れられて達成されない。近年顕在化する日本の国力の衰えは全てここから来ている。

教育分野では、高度科学や人文学の英知を広く国民に取得してもらう目的のために手段としての大学があるが、ここでも手段が目的化されて久しい。より良い権威のある大学に入ることだけを目的に多くの10代の青少年が膨大な時間とエネルギー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン