/

この記事は会員限定です

イーウェル、在宅治験に訪問看護活用 間口広げ創薬支援

[有料会員限定]

医療情報システム系スタートアップのeWeLL(イーウェル、大阪市)は11月下旬、訪問看護師向けの情報インフラを活用して在宅で医薬品の臨床試験(治験)を支援するサービスを始めた。治験の対象となる患者の間口を広げ、製薬会社が新薬を開発しやすい環境を提供する。

同社は訪問看護師が看護記録や患者の状態などをタブレット上で管理できるサービス「iBow(アイボウ)」を手掛ける。全国1900カ所の看護ステーショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン