/

宣言延長要請へ最終調整 大阪府、知事「解除難しい」

(更新)
記者団の取材に応じる吉村知事(4日、大阪府庁)

新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、大阪府が11日に迫った期限の延長を政府に要請する方向で最終調整に入ったことが4日、関係者への取材で分かった。吉村洋文知事は同日、府庁内で記者団に「新規感染者数や医療の逼迫状況は極めて厳しい状況。宣言の措置を緩めたり解除したりするのは難しい」と述べ、期間の延長は避けられないとの認識を示した。

関西3府県と東京都に発令された現在の緊急事態宣言の期間は4月25日~5月11日の17日間。吉村氏は当初から「3週間から1カ月程度の期間が必要」と発言していた。

府は連休明けの6日にも対策本部会議を開き、宣言延長を政府に要請するかどうか最終判断する方針だ。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン