/

この記事は会員限定です

関西の設備投資5.1%増 21年度計画、電機・機械けん引

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめた2021年度の設備投資動向調査で、関西主要企業の投資額は前年度実績に比べ5.1%増える見通しだ。新型コロナウイルス感染拡大前の水準に回復する。電子部品や機械などで将来の成長へむけた積極的な投資も出ている。

関西の主要企業196社を対象に集計した。21年度の設備投資額は2年ぶりに増加し、総額4兆1803億円の計画だ。全国は20年度に大きく落ち込んだ反動もあり、10.8%増の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン