/

この記事は会員限定です

関西電力とウィラー、地域の自動EV交通開発へ

[有料会員限定]

関西電力と高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は自動運転の電気自動車(EV)による新たな交通サービスの開発で業務提携する。ウィラーは近距離移動サービスで使う車両の電動化や将来的な自動化を検討している。関電は無線給電やエネルギーマネジメント関連の知見で取り組みを後押しする。

両社は少子高齢化で移動が困難になる地域社会での、脱炭素に配慮した新たな交通手段の開発を目指す。ウィラーが国内外で手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン