/

この記事は会員限定です

iPSで安くがん治療 免疫療法の費用9割減、米社が治験

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

iPS細胞から作った免疫細胞でがんを治療する取り組みが進む。米スタートアップは8月、遺伝子改変で攻撃力を高めた免疫細胞を血液がんの患者に投与した。日本企業なども2023~24年の臨床試験(治験)の開始を目指す。効果は高いが高額ながん免疫療法のコストを10分の1以下にすると期待されており、がん治療を変える可能性がある。

がん免疫療法は体内の血液中にある免疫細胞を利用する。「T細胞」という免疫細胞を遺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン