/

この記事は会員限定です

後発薬不足、小林化工の工場取得で増すサワイの供給責任

[有料会員限定]

後発医薬品大手のサワイグループホールディングス(GHD)は2022年3月までに、小林化工(福井県あわら市)から生産拠点を取得する。後発薬は複数社で品質不正などが判明して生産が滞り、品不足が深刻だ。国が医療費抑制の切り札として利用を促進し、社会に広く根付いた後発薬。サワイGHDは安定供給の責任が増す。

「近くの仲の良い薬局に電話して薬を譲ってもらえないかお願いしている」。大阪府薬剤師会には加盟する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン