/

この記事は会員限定です

「ミシガン」就航40年、異国体験 挑んだ琵琶湖船

時を刻む

[有料会員限定]

「さあ、アメリカがやって来る」。就航を宣伝する当時のパンフレットに赤い文字が躍る。挿絵では船尾で赤い外輪(パドルホイール)が水しぶきを上げている。琵琶湖南部を周遊する琵琶湖汽船(大津市)の「ミシガン」が1982年4月に就航して40年。浅い水深に対応する特殊な推進方式を試すとともに、新しい船旅の楽しみ方を提案するという2つの挑戦があった。

水位低下に対応

「パドルを回すと、水面の抵抗でブワッブワッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン