/

この記事は会員限定です

プラスチック、品質保ち再利用 三菱ケミカルや欧米企業

科学記者の目 草塩拓郎

[有料会員限定]

プラスチックの品質を劣化させずに再利用する「ケミカルリサイクル」の動きが国内外の企業で広まっている。三菱ケミカルは英企業などと商用施設を2023年度に稼働させる。米企業なども大型施設の稼働を予定する。脱炭素の進展や石油由来の素材の節約に役立つ取り組みだが、廃プラスチックの回収費用や再生原料の生産コストを抑えるなどの課題も残る。

三菱ケミカルはENEOS、英Mura Technology(ムラテク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン