/

この記事は会員限定です

神戸で企業進出が倍増 賃料補助・人材、コロナ禍で注目

[有料会員限定]

神戸市内に本社を移転したり拠点を新設したりする企業が相次いでいる。2021年度に同市の賃料補助の活用資格を得た企業進出は例年の2倍ペース。新型コロナウイルス禍でのリモートワークの急拡大で大企業を中心に拠点整理が進む一方、中堅やスタートアップは人材を求めて地方に熱視線を送る。

システム開発を手がけるHoneycome(ハニカム)は22年1月、本社を東京都港区から神戸市内の人工島・六甲アイランドに移...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン