/

この記事は会員限定です

住民出資で株式会社、関西にも広がる「小さな拠点」

データで読む地域再生

[有料会員限定]

人口減少が進む日本の各地方で、地域社会の機能維持や行政の効率化を狙った創生拠点(小さな拠点)が広がっている。関西6府県の中山間地の創生拠点の数は2021年度に、兵庫県が80と全国で4番目に多い。財政難に苦しむ行政だけでなく、地元の人々の挑戦や創意工夫が人口減少社会を支えている。

兵庫県中央に位置する神河町。人口減少著しい長谷地区の約300世帯が出資して立ち上げた株式会社の長谷がコミュニティーの維...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン