/

京都銀行、アプリ刷新 利用者30万人へ

シンプルなデザインで使い勝手をよくする

京都銀行はスマートフォンアプリを全面刷新する。インターネットバンキングとアプリを一体化し、アプリの操作のみで振り込みや残高照会を可能にする。使い勝手を良くすることで、2021年度中に中期経営計画の目標を1年前倒しし、利用者数を現在の23万人から30万人に引き上げる。

6日に全面刷新する。文字やアイコンが大きく高齢者でも使いやすい「シンプルモード」や、目的別に専用の貯蓄口座を開く機能などを新たに加えた。従来は2週間ほどかかっていたアプリ口座の開設も、最短で申し込みの翌日に可能となる。

京都銀は将来的には「アプリで地域の総合生活サービスを提供する」との構想を持つ。アプリ内で地方企業のサービスを紹介し、マッチング手数料や広告料で収益を得るビジネスモデルだ。来年度をめどに高齢者向けに情報提供サービスの機能をアプリに加えていく方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン