/

パナソニック、新興からアイデア募集 新事業創出へ

パナソニックは3日、生産性向上や環境対策に関する新事業について、スタートアップ企業からアイデアを募集すると発表した。8社程度を選定し、2022年3月までに事業化の検討を行うという。有望なアイデアや企業を発掘し、条件が合えば本格的な事業化や出資などを検討する。

事業創出支援のゼロワンブースター(東京・千代田)と組み、9月末までスタートアップ企業の参加を募る。「空間価値の向上」や「建築・建設業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)」などを募集テーマとする。審査を通った8社は技術面などで専門知識を持つパナソニックの担当者と事業案を洗練させた上で、22年3月に成果発表をする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン