/

この記事は会員限定です

関西みらいFG「昼休み」店舗倍増へ 事務2人体制も試行

[有料会員限定]

関西みらい銀行とみなと銀行を傘下に持つ関西みらいフィナンシャルグループ(FG)の菅哲哉社長は日本経済新聞社の取材に応じ、8月をめどに窓口の昼休みを導入する店舗を現在の28店から倍増する方針を明らかにした。10月には店舗で窓口や処理業務を担当する事務人員を2人体制にする実証も始める。主なやり取りは以下の通り。

――店舗の生産性をどのように高めますか。

「正午から午後1時まで窓口業務を休止する昼休み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン