/

10年前の父死亡、3人起訴 殺人罪でALS事件医師ら

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者に対する嘱託殺人罪で起訴された医師ら3人が、10年前に医師1人の父親を殺害した疑いで逮捕された事件で、京都地検は3日、医師、大久保愉一容疑者(43)=仙台市=と医師、山本直樹容疑者(43)=住所不定、山本容疑者の母親、淳子容疑者(76)=長野県=を殺人罪で起訴した。殺害手段は不詳としている。

被害者は山本被告の父、靖さん(当時77)で、遺体は2011年に司法解剖されないまま火葬された。死因の特定は困難な状況だが、地検は3人がやりとりしたメールなど状況証拠を集め「遺体なき殺人」の立証が可能と判断したとみられる。

起訴状によると、3人は11年3月5日正午~午後4時ごろ、東京都内のアパートの一室などで、靖さんを手段不詳により殺害したとしている。

地検は3人の認否を明らかにせず、役割分担についても説明しなかった。裁判員裁判で審理される見通し。

京都府警は今年5月12日に3人を逮捕。嘱託殺人事件の捜査で押収したパソコンの通信記録から、靖さんの火葬や死亡診断書の書き方についてメールをやりとりしていたことが分かった。靖さんは精神疾患のため長野県の病院に入院していたが、山本被告らが転院を申し出て、病院を出た当日に亡くなっていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン