/

漫画のせりふ無断掲載疑い ネタバレサイトで書類送検

漫画のせりふや作品の内容を無断で掲載したインターネット上のいわゆる「ネタバレサイト」を巡り、福岡県警は3日、著作権法違反の疑いで、東京都内の運営法人と金沢市在住の男性会社役員(44)を書類送検した。

書類送検容疑は2020年5月、小学館のアプリで連載されている漫画「ケンガンオメガ」のせりふや登場人物の名前を使ったテキストデータや漫画のこまの画像などを、サイト上に無断で掲載した疑い。

小学館によると掲載したのは「漫画ル ~無料漫画感想ネタバレビュー」と称したサイト。捜査関係者によると、役員は掲載行為を認める一方、「引用の範囲で、編集した自分に著作権があると思った」と話している。漫画アプリで作品を読んで文章を作成し、こまはスクリーンショットで保存したという。

小学館の漫画アプリ「マンガワン」編集部は「漫画家が心血を注いで創作した作品を無断で盗み取り、これを糧に荒稼ぎする卑劣な犯罪の一掃を目指す。刑事、民事両面からの法的手続きをはじめ、あらゆる侵害サイトへの断固たる対応を今後も続ける」とのコメントを出した。同社側は21年4月、福岡県警に相談。同9月に刑事告訴していた。

鑑賞の対価を支払わなくても作品の内容が分かる「ネタバレ」でサイト閲覧数を増やす行為は近年、社会問題化。仙台地裁は21年11月、映画の内容を短く編集した「ファスト映画」を動画投稿サイトで公開した被告に懲役2年、執行猶予4年、罰金200万円の判決を言い渡した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません