/

この記事は会員限定です

みなと銀行「真の県民銀行」へ りそな傘下で独自性探る

関西みらいFG、5年目の反転攻勢(下)

[有料会員限定]

「真の県民銀行」。関西みらいフィナンシャルグループ(FG)のみなと銀行は、かねて兵庫県の県民銀行を標榜してきた。だが、ここ1年で「真の」という文言を付け加えるようになったのは理由がある。「かけ声倒れではなかったか」(同行幹部)との反省だ。

帝国データバンクの調査によると兵庫県でみなと銀行をメインバンクとする企業は12.2%で2番目に多く、地方自治体の決済事務を代行する指定金融機関は42自治体のう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン