/

この記事は会員限定です

対ロシア、中国にらみ日米連携 国際新秩序巡りシンポ

[有料会員限定]

日本経済新聞社と兵庫県立大学、テレビ大阪は3日、国際シンポジウム「『強国をめざす中国』と『分断のアメリカ』―日本外交の課題―」をオンラインで開催した。ロシアによるウクライナ侵攻で国際秩序が揺らいでおり、覇権主義的な動きを強める中国もにらみ日米など主要国の連携が重要だとの意見が相次いだ。新型コロナウイルス対策のため一部の登壇者はリモートで参加した。

基調講演で初代国家安全保障局長の谷内正太郎氏はロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン