/

この記事は会員限定です

大阪松竹座が100周年 舞台機構、今も昔も斬新に

時を刻む

[有料会員限定]

大阪・道頓堀の大劇場、大阪松竹座が開場100周年を迎えた。飲食店が軒を連ねる道頓堀はかつては大小の劇場が立ち並ぶ芝居街。その伝統を唯一受け継ぐのが大阪松竹座だ。道頓堀発祥といわれる円形の「回り舞台」、昇降装置「セリ」など昔ながらの舞台機構を駆使しつつ、斬新な舞台に挑み続けている。

「あれなる松に美しき、衣のかかりてそうろう」。1月の100周年記念初春特別公演「幽玄」は、人間国宝の歌舞伎役者、坂東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関西タイムライン

コラム「関西タイムライン」は関西2府4県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)の現在・過去・未来を深掘りします。経済の意外な一面、注目の人物や街の噂、魅力的な食や関西弁、伝統芸能から最新アート、スポーツまで多彩な話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません