/

津堅島に米軍ヘリ着陸 沖縄、けが人情報なし

沖縄県うるま市の津堅島の畑に着陸した米軍のヘリコプター(3日午前8時15分ごろ)=共同

2日午後11時ごろ、沖縄県うるま市の津堅島の畑に「米軍のヘリコプターが着陸している」と住民が110番した。県警によると、米軍のUH1ヘリ。通報の直前に不時着したとみられ、住宅から約120メートルの距離だった。けが人や建物被害の情報は入っておらず、ヘリも破損していない。沖縄県の謝花喜一郎副知事は3日、「あってはならないことだ。厳正に対応したい」と述べ、米軍に抗議する考えを示した。

県警によると、乗員は普天間基地(沖縄県宜野湾市)所属の5人で、エンジンの故障による着陸だと説明。けがはない。ヘリに危険物の搭載はないとみられる。

米軍は、ヘリは通常の訓練中で、乗員が機体トラブルの可能性に気付き「予防着陸した」としている。現地に調査チームを派遣した。

玉城デニー知事は「一歩間違えれば県民の生命、財産に関わる問題だ」と述べ、情報収集を続ける考えを示した。

着陸した畑の前には規制線が張られ、住民らの姿があった。近くに住む幸良律夫さん(68)は「島の近くを米軍ヘリがよく飛んでいるけど、まさか降りてくるとは。不安だし、訓練も基地も減ってほしい」と話した。

津堅島は沖縄本島東部の勝連半島から南東約4キロに浮かぶ離島で、美しいビーチでも知られる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン