/

この記事は会員限定です

英系素材会社、神戸に日本法人を移転 優遇策が後押し

[有料会員限定]

神戸市が中心となって進める欧州企業の誘致が一歩前進する。英系素材大手、モルガン・アドバンスト・マテリアルズの日本法人が1日、大阪から神戸に本社を移転。兵庫県と連携して拡充してきた賃料補助や減税措置などの企業に対する優遇策が功を奏した。市は2020年に開いたドイツ事務所を通じてさらなる欧州企業の誘致を目指す。

移転したのはモルガナイト・カーボン(神戸市)。主にカーボンやセラミック製部品の販売を手が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン