/

GSユアサ、全固体電池20年代後半にも実用化

事業について説明するGSユアサの村尾修社長(2日、京都市)

ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)は2日、次世代電池の全固体電池について2020年代後半にも実用化する方針を示した。量産化の具体的な計画は明らかにしなかったが、宇宙ステーションや深海探査機などの特殊用途でまず展開し、その後、電気自動車(EV)などに広げるとした。

同日、京都市内で開いたメディア向けの事業説明会で村尾修社長が明らかにした。全固体電池は固体の電解質を使ってエネルギー密度や安全性を高め、次世代電池の本命として自動車メーカーなどで開発が進んでいる。

GSユアサが開発しているのは、EVなどで使われる大容量高出力に向いた「硫化物」系の全固体電池。水と反応すると有毒な硫化水素を発生するなどの課題があるが、村尾社長は「耐水性を高めた新たな固体電解質を開発した」と明らかにした。電池の性能を向上させた高付加価値品の生産を目指す。

村尾社長は新たな中期経営計画期間となる23年度以降に、EV向け電池の開発を加速する方針も示した。同社の自動車用リチウムイオン電池は現在ハイブリッド車(HV)向けを中心に生産を強化しているが、世界的な脱炭素化によるEV需要の増加にも対応する狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン