/

「売らない店」ベータ、阪急うめだに常設店 23年春開業

体験型店舗「b8ta(ベータ)」を運営するベータ・ジャパン(東京・千代田)は、阪急うめだ本店(大阪市)の8階に常設店を開店すると発表した。2023年春に開業予定で、関西では初の常設店となる。11月30日から出品企業を募集している。

ベータは家電や化粧品などの体験コーナーを場所貸しする「売らない店舗」として知られている。阪急うめだ本店では8月に期間限定店舗を設置し、「5日間で5千人の来店を見込んでいたが、6千人の来店があった」(担当者)という。

ベータ・ジャパン代表の北川卓司氏は「サステナブル(持続可能)に関連のある商品やサービスを知っていただく機会を創出する」とコメントした。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません