/

この記事は会員限定です

積水ハウス「病気を予防できる家を世界へ」 

Disruption@関西

[有料会員限定]

積水ハウスは、住む人の健康を見守り、病気を予防する住宅の開発を目指している。まず脳卒中などの急性疾患をセンサーで早期発見し、救急搬送するサービスを実用化する。足元の戸建て販売は好調とはいえ、国内の新設住宅着工戸数は20年前に比べ3割減った。縮小する住宅市場でどう成長するか。仲井嘉浩社長に聞いた。

――急性疾患をセンサーで早期発見し、救急搬送するサービス「HED-Net」を開発しています。

「リビングや寝室の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン