/

住友電工、今期の純利益を下方修正 車減産で

住友電気工業は2日、2022年3月期の連結純利益が前期比69%増の950億円になりそうだと発表した。従来予想からは150億円引き下げた。半導体不足による自動車の減産が「いつまで続くか見通せない」(井上治社長)として、ワイヤハーネス(組み電線)の受注が予想を下回るとの見通しを示した。

売上高は13%増の3兆3000億円(従来予想は15%増の3兆3500億円)、営業利益は27%増の1450億円(同54%増の1750億円)を見込む。同日発表した21年4~9月期の純利益は323億円(前年同期は418億円の赤字)だった。電動車用のモーターに使う平角巻線など、高機能の電線が好調で利益を押し上げている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン