/

この記事は会員限定です

塩野義製薬、純利益32%増 4~6月

ワクチン年内最終治験へ

[有料会員限定]

塩野義製薬が2日発表した2021年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比32%増の322億円だった。大阪国税局からの課税処分の取り消しを求めた訴訟の勝訴に伴う還付金約135億円が利益を押し上げた。また同日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて21年内にも最終段階の治験を始めると発表した。

売上高にあたる売上収益は3%減の689億円だった。海外の販売権を持っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン