/

この記事は会員限定です

大阪公立大、府内に主力4キャンパス 再開発で新たな風

開学迫る大阪公立大㊦

[有料会員限定]

学生数が多く、幅広い学部がそろう大阪公立大の誕生を、大阪の自治体や企業も新しいビジネスや地域活性化の好機として、周辺の発展に結びつけようと狙う。キャンパスの整備や施設の新設が見込まれる中百舌鳥(堺市)や森之宮(大阪市)エリアでは、周辺の再開発が動き始めた。

公立大では2025年4月に森之宮地区に1年生の基幹教育を担い本部機能を持つ新しいキャンパスを整備する。あわせて既存のキャンパスも分野別に再編...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン