/

大阪市の聖火リレー、大会組織委に中止要請 府の実行委

(更新)
聖火リレーの到着式「セレブレーション」を無観客で実施することが検討されている大阪市中央公会堂前(2日午前、同市北区)

大阪府の東京五輪の聖火リレー実行委員会は5日、大阪市で14日に予定されていたリレーの中止要請を正式に決め、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会に伝えた。大阪市が5日から新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言に準じた措置を取れる「まん延防止等重点措置」の適用地域となったことを踏まえた。

実行委は、組織委に聖火リレーの代替措置も求めた。吉村洋文知事は4日、「大会組織委員会が7日に公表すると聞いている」と説明しており、組織委は近く代替措置の可否や内容を判断するとみられる。吉村氏は代替措置について、ランナーが公道以外を走り、家族や関係者のみに公開する方法が望ましいとの考えを示している。

大阪府では3日に過去最多となる666人の新規感染者が確認されるなど感染が拡大している。吉村氏と大阪市の松井一郎市長は1日、大阪市での聖火リレーは中止すべきだとの考えを表明。丸川珠代五輪相は2日、「理にかなった検討だ。大阪府民にもご理解いただける対応を取ってほしい」と理解を示していた。

大阪府内のリレーは13~14日に予定されており、大阪市外の聖火リレーは実施される見込みだ。最終地点で開く到着式「セレブレーション」は無観客での実施を検討する。

組織委の感染対策の指針では、リレーの候補地で緊急事態宣言や外出自粛の要請が出ていれば、公道の走行を見合わせる可能性があるとしている。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン