/

この記事は会員限定です

関西電力やJR西日本、ダイキン 職場でワクチン接種検討

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチンを職場で接種するよう政府が促していることを受け、関西で検討する企業が増えている。

関西電力は産業医が常勤している本店と福井県内の3カ所の原子力発電所で準備している。社員と家族に加え、グループや協力会社の従業員でも希望者を対象とする。ワクチンや医療スタッフの確保などに応じ始める。

JR西日本は経営する大阪鉄道病院(大阪市)や本社近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン