/

この記事は会員限定です

パナソニック、ドキュメントスキャナーから撤退

[有料会員限定]

パナソニックは2022年中に、書類の電子化に使う企業向けドキュメントスキャナー事業から撤退する。売上高は非公表。主力の大型機市場が縮小し、利益確保を見通せないと判断した。在宅勤務の普及によるオフィス機器需要の低迷も追い打ちをかけた。オフィス用のIP電話機や電話交換機からも22年中に撤退する。

ドキュメントスキャナーは紙の文書を読み取り、PDFファイルなどとしてサーバーに保存する機器だ。パナソニックは1994...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン