/

祭り前に「檜扇」蔵出し 世界遺産・熊野速玉大社

扇立祭を前に蔵出しされた「檜扇」=(2日午前、和歌山県新宮市の熊野速玉大社)=共同

和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で2日、神前に扇を立て豊作や無病息災を願う恒例の「扇立祭」を前に、ヒノキの薄い板を重ねて作った「檜扇(ひおうぎ)」7本が虫干しのため蔵出しされた。扇立祭は例年、夜店が立ち並ぶ地域最大級の夏祭りとなるが、今年は新型コロナウイルス禍のため、14日に神事のみ行う。

大社では室町時代に作られた国宝の檜扇11本を保管しており、蔵出しは1964年に作られた複製品。松竹梅やシラサギなどが描かれ、金箔や銀箔が施されている。祭りでは本殿前に高さ1.5メートル、幅1.65メートルの大型の扇を1本、各社殿前に高さ0.8メートル、幅1.3メートルのものを6本立てる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン