/

この記事は会員限定です

関西自治体、児童福祉司の採用柔軟に 大阪は弁護士配置

[有料会員限定]

関西の自治体が、虐待や子育ての悩みに対応する児童福祉司を増やそうと動き出した。職場への専門人材の配置や、採用方法の見直しといった取り組みを通じて着実に人数を増やしている。関西6府県の人口当たりの児童福祉司の人数は、2021年時点で大阪府、京都府、和歌山県の3府県が全国平均を上回っており、今後さらなる増員に期待がかかる。

「私はこうしたらええ思うんやけど」――。大阪市中央こども相談センターのある児...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン