/

この記事は会員限定です

命を救え、DMATの迅速派遣へAI活用も 阪神大震災27年

(更新) [有料会員限定]

阪神大震災は17日、発生から27年を迎えた。6434人が犠牲となった巨大災害は発生直後の初期医療の脆弱性を突きつけ、後の災害派遣医療チーム(DMAT)発足など初動体制の整備につながった。一方で人員不足といった課題はなお残り、人工知能(AI)の活用など模索が続く。

日本でのDMAT発足は2005年。阪神大震災で救急医療の初動が遅れた苦い教訓がきっかけだ。平時なら救えたはずなのに犠牲となった人は50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン