/

この記事は会員限定です

関西のテレワーク普及、首都圏に後れ 柔軟な働き方途上

コロナ1年 関西のいま㊦

[有料会員限定]

長引く新型コロナウイルス禍で「働き方改革」への関心が高まったが、関西は首都圏に比べてテレワークが浸透していない。製造業の多さなどが要因とみられる。柔軟な働き方への転換は生産性向上にもつながり、導入の遅れは関西企業の競争力に影響しかねない。

「現場仕事があって在宅勤務は難しい。従業員がそこまで多くないため『密』を生みづらい」。大阪市内の中堅製造業は事務所へのアクリル板の設置など感染対策をしながら、基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン