/

この記事は会員限定です

外国人客待つ関西 観光地、感染対策を徹底

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの水際対策で停止していた外国人観光客の入国受け入れが10日に再開し、関西各地の観光地で歓迎の機運が高まりつつある。土産物店などは仕入れを増やす一方で、感染再拡大を防ぐため外国語で注意を呼びかける。約2年2カ月ぶりのインバウンド(訪日外国人)再開を迎え、感染対策への理解を深めようと懸命だ。

「かつてのにぎわいが戻ってほしい」。全国有数の観光地、京都・嵐山の渡月橋近く。京都名物の和...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン